ニュースリリース

日産自動車とオーテックジャパン
「国際福祉機器展 H.C.R.2018」に福祉車両5台を出展

2018.10.05

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)と株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、10月10日(水)から10月12日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」に、ライフケアビークル(福祉車両)を5台出展します。 

日産自動車グループでは、お客さまの生活のいろいろなシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインアップを取り揃えています。

今回の国際福祉機器展では、新電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、「ノート e-POWER 助手席回転シート」をはじめ、「セレナ e-POWER チェアキャブ スロープタイプ」、「セレナ チェアキャブ スロープタイプ」など、計5台を展示します。

なお、「セレナ チェアキャブ スロープタイプ」は、さまざまな福祉展示会で、多くの方から好評をいただいたコンセプトカー「Adventure Log Cabin(アドベンチャー ログ キャビン)」を展示します。このモデルは、日産ライフケアビークルの「出かける喜びを、一人でも多くの方へ」という思いを込めた、アウトドアアクティビティの楽しさをプラスした福祉車両です。

日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めています。ライフケアビークルにおいても、「出かける喜びを一人でも多くの方へ」というテーマのもと、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する先進技術の搭載を推進しています。
「国際福祉機器展 H.C.R.2018」では、展示車両とともに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を紹介します。

<出展車両一覧>
・ セレナ e-POWER チェアキャブ スロープタイプ 車いす1名サード仕様
・ コンセプトカー「Adventure Log Cabin」(セレナ チェアキャブ スロープタイプ 車いす2名仕様)
・ NV350キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様
・ ノート e-POWER 助手席回転シート
・ デイズ ルークス 助手席スライドアップシート

<「H.C.R.2018」概要>
 ・日時 :10月10日(水)〜10月12日(金) 10:00〜17:30(12日のみ16:00まで)
 ・会場 :東京ビッグサイト 東展示ホール(東京都江東区有明3-11-1)
 ・主催 :全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会
 ・入場料:無料(登録制:事前もしくは当日)

<関連URL>
 日産ライフケアビークルサイト          https://lv.nissan.co.jp
 日産ライフケアビークル イベント情報        https://lv.nissan.co.jp/EVENT/NEWS/index.html
 ニッサン インテリジェント モビリティについて   https://www2.nissan.co.jp/BRAND/

以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。