ニュースリリース

エルグランド「ライダー」、「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル」シリーズの仕様を一部向上

2018.12.13

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は13日、「エルグランド」の仕様向上にあわせ、「ライダー」、ならびに、「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル(LV)*1」シリーズの仕様を一部向上し、全国一斉に発売すると発表しました。

今回の仕様向上では、「ライダー」、「ステップタイプ」、「ライフケアビークル(LV)」においても基準車と同様に「LDW(車線逸脱警報)」や「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」を標準装備とした他、各種先進安全装備の充実を図りました。


<エルグランド「ライダー」>
エルグランド「ライダー」は、圧倒的な迫力と存在感をテーマに、エクステリアとインテリアをトータルコーディネイトしたカスタムカーです。エクステリアでは最大の特徴である大型のメッキグリルや専用アルミホイールのデザインを採用するほか、専用サスペンション(ローダウン)により、エルグランド「ライダー」ならではの重厚感をより強調したスタイルとしました。またインテリアでは、専用の杢目金(もくめがね)調フィニッシャーを採用しております。これは、幾重にも重ね合わせた金属の表面に彫りをいれた上で叩いて平らにすることで、木目のような表情を浮かび上がらせる日本の工芸技術である「杢目金(もくめがね)」の加飾を施すことで、ライダーの持つシャープさや高級感を際立たせました。さらに、追加カスタマイズするためのディーラーオプションである専用フロントプロテクター、専用フロントプロテクターデカールなどを取りそろえています。


<エルグランド「ステップタイプ」>
助手席と助手席側スライドドアから乗降する方が、同時に使えるロングステップを採用。助手席ドアもしくは助手席側スライドドアの開閉と連動して、ステップが展開・格納します。ステップイルミネーションを装備し、暗い場所でも安心して乗降ができるうえ、LEDのクリアな輝きがスタイリッシュさを演出しています。


<エルグランド 「ライフケアビークル(LV)」シリーズ>
●助手席スライドアップシート/セカンドスライドアップシート
助手席、または2列目左側シートが、車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両です。スライドアップシートには、シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。
 

*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。

以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。