ニュースリリース

オーテックジャパン、茅ヶ崎市へ新型コロナウイルス感染疑い患者の移送用車両を貸与

2020.05.11

新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方に、心よりご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまには謹んでお悔やみ申し上げます。また、罹患された方にお見舞い申し上げますとともに、早期の回復をお祈り申し上げます。

日産自動車株式会社の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、新型コロナウイルス感染疑い患者の方などの移送用車両1台を、茅ヶ崎市保健所に貸与いたします。

茅ヶ崎市保健所 移送用車両(NV200 バネット), 専用仕切りカーテン

この車両は、茅ヶ崎市からいただいた協力要請に対応するため、「NV200 バネット タクシー LPG バイフューエル」をベースに、オーテックジャパンにて特別に架装を行ったものです。新型コロナウイルス感染疑い患者の方や荷物などを自宅から指定病院に移送する際、運転者の方も患者の方も感染リスクを抑えて乗車いただけるよう、以下のとおり飛沫感染を抑制する特別対策を行っております。

 ・前席と後席の間に、隙間を少なくした専用の仕切りカーテンを装着しました。
 ・フロントエアコンを外気導入に固定し、新たに車両後部より空気を排出する機能を追加することで、車内前方から後方に向けた空気の流れを生み出す構造としました。

加えて、バックドアから車いすのまま乗車することが可能な「スロープ」も備えているため、車いすをお使いの方も、スムーズに対応することが可能です。

尚、既に本車両は4/30より運用を開始し、感染の疑いのある方や医療関係者の移送業務についております。貸与期間は9/30までの半年間を予定しています。

オーテックジャパンでは、引き続き、政府や自治体の要請に基づき、関係者の皆さまと連携し、新型コロナウイルス感染拡大の抑制に努めてまいります。

茅ヶ崎市 広報 記者発表
https://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/koho/1030702/1002784/index.html

以上

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。